海外のIOTのニュースをお知らせします

Wi-FiでIOTに対応するのは難しい Wi-Fi Allianceが新プロトコル検討中

世界のIOTをお知らせします

March 21, 2016

通常のWi-Fiの利用であれば接続してくる機器がセキュリティ機能を持っているので、セキュリティの確保は確立されている。

IoT over Wi-Fiの場合は接続してくる機器がシンプルな機能しかもっていないため、従来の対応ではセキュリティの確保ができない。

そのため、Wi-Fi AllianceがDevice Provisioning Protocol(DPP)を開発、認証されているスマートフォンを使って他のデバイスをセキュリティを確保して接続させるというものらしい。

 

www.networkworld.com

まだ企画段階らしいが、今後の動向に注目要の技術ですね。

Current Work Areas | Wi-Fi Alliance

IOT WORLD